CBDがニキビなどの肌トラブルに与える効果を徹底解説

大麻草から抽出できる成分「CBD」は、リラックス効果が得られるということで有名ですが、ニキビなどの皮膚トラブルにも効果があると言われています。

日頃のストレスや不摂生な生活によって、ニキビなど皮膚の悩みを持っている方も多くいると思います。

そこで本記事では、CBDの摂取による肌への効果やCBDの効果を最大化させる方法について解説します。

お肌のトラブルに悩ませれている方は、ぜひ本記事を参考にしてCBDの摂取も検討してみてください。

CBDとは

 CBD(カンナビジオール)とは、大麻草などに含まれる成分「カンナビノイド」の一種で、リラックス効果や抗炎症作用が得られると言われています。

大麻から抽出される成分と言っても、中毒性や向精神作用はなく、合法で誰でも摂取できる安全な成分です。

THCとCBDの違い

大麻草から抽出される成分は他にもたくさんありますが、その中でもTHC(テトラヒドロカンナビノール)は、CBDと違い違法成分として大麻取締法で禁止されています。

THCとCBDは構造式を見ると、よく似ており化学式も同一ですが、摂取した際の効能に大きな違いがあり、中毒性や精神活性作用があります。

CBD製品の中にはTHCが含まれるものもあるので、CBD製品を購入する際は必ず含有成分を確認するようにしましょう。

THCの効果

THCは劇的な精神活性作用があります。

そのため、マリファナの原料にもなっており、日本を含む多くの国で規制対象になっています。

もちろん、THCも身体への良い効果は確認されており、医療大麻として使用を認めている国や地域もあります。

CBDの効果

それでは、CBDにはどのような効果があるのでしょうか?

CBDは、身体の機能や恒常性を維持するエンド・カンナビノイド・システム(ECS)というシステムに直接作用し、自律神経を整えます。

そのことによって得られる具体的な効果についてご紹介します。

CBDの具体的な効果

CBDの効果を具体的にご紹介します。

CBDを摂取することで以下の主に効果が期待できます。

  • リラックス効果
  • 痛みやかゆみの抑制
  • 炎症を緩和
  • 睡眠の改善

他にもさまざまな病気の改善に役立つと言われており、医療の分野でも注目されています。

肌トラブルに対する効果

CBDはニキビや湿疹、乾癬などの多くの皮膚炎や皮膚のトラブルに効果的であることが確認されています。

季節やホルモンの影響から、肌トラブルはつきものという方も多くいると思います。

そんな方は、CBDの摂取を習慣化することで、ニキビなどお肌のトラブルが改善するかもしれません。

CBDによる他の皮膚疾患への効果

CBDによって治療または改善が期待できる皮膚疾患として、乾燥肌や発疹などがあります。

乾燥肌やカサカサ肌には、ひび割れを防ぐためにCBDオイルやクリームを塗ることで、保湿効果を高めることができます。

また、発疹に対してはCBDの持つ抗炎症作用によって、乾燥や赤みを抑えることができます。

この他にも、乾癬、アトピー性皮膚炎、線維性皮膚疾患といった皮膚疾患に対して、効果があることがこれまでの研究成果により明らかになってきています。

そして、CBDオイルに含まれる抗酸化物質は、肌の老化を遅らせる効果があるとも言われています。

このようなアンチエイジング効果があるということは、研究結果として報告されています。

ニキビの原因とメカニズム

ここまでで、CBDの基本的な効果については理解できたと思います。

次は、ニキビの原因とメカニズムについて解説します。

ニキビの原因とは?

ニキビができる原因は、皮脂分泌の増加、毛穴つまり、そしてアクネ菌の増殖が関係しています。

ニキビは皮脂腺が発達し、皮脂の増加、毛穴の出口がつまることによって、毛穴の外に皮脂が出られずに溜まってしまうことが原因です。

この状態をコメド(面ぽう)と呼びます。

コメドとニキビ

コメド内部は、アクネ菌にとって発育しやすい環境になっています。

そのため、アクネ菌はコメドの中でどんどん増えていきます。

増えすぎた菌に対抗するために、私たちの身体の中で免疫が働いて炎症が起こり、ニキビは赤く腫れていきます。

赤く腫れていき赤ニキビになってしまうと、毛穴の奥では炎症を引き起こす物質が活発に作られています。

さらに悪化して化膿してしまうと、毛穴の奥にある毛包の壁が壊され、炎症を起こすさまざまな物質が周囲に流れ出ます。

CBDのニキビに対する効果

では、このようなニキビに対してCBDはどのように作用するのでしょうか。

次に、CBDのニキビに対する効果を具体的に解説します。

これまでの研究によると、CBDには過剰な皮脂の分泌を減少させて、皮脂を作る分泌腺の機能を正常にする作用があることが報告されています。

つまり、CBDは過剰な皮脂の分泌が原因で発生したニキビの治療に効果が高いと言えます。

また、皮脂の分泌を正常にすることで、ニキビの予防作用も期待できるでしょう。

これまでの研究では、CBDの抗炎症効果と皮脂分泌の抑制作用の組み合わせにより、CBDがニキビ治療のための有望な治療薬になり得ることも示唆されています。

CBDが肌トラブルに作用する理由

CBDを肌に塗布することにより、ニキビ以外にも肌の炎症や乾燥などの悩みも解消すると言われています。

なぜ、CBDが肌トラブルに作用するのでしょうか?

それは私たちの身体の仕組みと関係があります。

エンド・カンナビノイド・システムとは

私たちの身体の中には、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)という人間の身体機能を保つ機能が存在します。

ECSは、ニューロンや神経経路、受容体、細胞、分子、酵素からできており、身体の生命維持を行っておくために必要不可欠です。

CBDはECSの働きを活性化させ、炎症やそれに伴う痛みやかゆみに作用します。

これを抗炎症作用や抗酸化作用と言います。

ECSで病気や老化を防ぐ

具体的には、ECSは外部から肉体的・精神的なストレスを受けた時に、体内のバランスを取り戻し、心身の健康状態を調節しようと働きます。

それは、病気や老化を防ぐ働きとなります。

また、ECSは免疫系をはじめとした私たちの身体のシステムとも密接な相互作用を持ちます。

それら免疫系を調節してくれることにより、炎症や痛み、代謝、ホルモンバランスなど様々な機能を整えてくれます。

ECSの働きが弱まるとどうなるか

では、ECSの働きが弱くなってしまうとどうなるのでしょうか?

体内で内因性カンナビノイドが生成できない、または調節できないと、カンナビノイド欠乏症と呼ばれる状態になります。

このカンナビノイド欠乏症は、さまざまな疾患の原因になります。

例えば、気分障害、とう痛、頭痛、吐き気、疲労感、また過敏性腸症候群などが例として挙げられます。

CBDの摂取方法と作用

ここまでで、ニキビなどの肌トラブルの原因やCBDの効果について理解できたと思います。

ですが、様々な種類があるCBD製品の中からどの製品が良いのか悩む方も多くいると思います。

そこで次に、具体的にニキビに対するCBD製品と使用方法についてご紹介します。

肌のトラブルで悩んでいる方には「CBDオイル」または「CBDクリーム」がおすすめです。

CBDオイル

CBD製品として最もよく知られているのは、オリーブオイルなどのキャリアオイルにCBDを溶かしたCBDオイルです。

CBDオイルは口から経口摂取したり、肌に直接塗布して摂取することができます。

CBDオイルに含まれる抗酸化物質によって、肌の炎症が悪化する前に症状を抑え込むことができます。

また、CBDオイルの使用を続けていくことによって、発疹なども発現しにくくなります。

CBDクリーム

CBDクリームは、皮膚に塗布する経皮摂取によって体内に取り込まれます。

CBDは外皮から染み込み、付近の細胞、組織また毛細血管など、局所的に作用を発揮します。

そのため、局所的な炎症や痛みがある部分に使用する際に最適な製品です。

使用方法としては、適量を手に取り、患部に優しく塗り込みます。

【最後に】CBDを使っても治らないときは皮膚科へ

今回は、ニキビなどの肌トラブルに関するCBDの効果について解説しました。

CBDはニキビなどの肌の炎症を抑える効果や予防にも活用できるので、ぜひ試してみてください。

ですが、ニキビはただの肌の炎症ではなく、治療をしてもなかなか治らないニキビは、ホルモンバランスの異常の可能性も考えられます。

また、ニキビと思っていたが実は毛穴の病気だったというケースもあります。

そのため、自己判断だけで済ますのではなく、炎症がひどい場合は皮膚科に相談してください。

RECALMのCBDオイルは、CBD含有量1,000㎎(10%)

本製品は、第三者機関での分析を行い、成分分析表を開示した上で、日本国内への輸入時の厳しいチェックも正式に通関しているため、安心してご利用いただけます。世界最高品質の原料を使用し、日本国内の工場で厳しい基準の製造・管理体制を設けて製造しています。

ご質問・ご要望など公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

recalm official line