私とCBDオイルとの出会い⑦CBDオイル購入へ

私が、うつ病になり既に完治した頃、もう二度となりたくないため、色々と勉強しました。睡眠時間、食事、運動の改善はしていました。(自分の見解で自分なりの考えです)そこで、ネットで色々調べた所『CBDオイル』という存在に出会いました。最初はCBDオイル???な感じでした。今見たく、CBDオイルが出回っていなく、まだ数社さんしか販売もしていない時期でした。よく分かりませんでしたが、体にいい?寝れる?リラックス出来る?など書いてあったので、これはいいぞ!と思いました。てみようと思い、どれがい某大手のECサイトで模索し、容量が多くて安く口コミもそこそこ良いブランドを見つけ、ポチ!しました。数日後、到着し、そのブランドのCBDオイルを初めて摂取をしました。これがCBDオイルなんだという感じです。記入してある通り摂取し数日試しましたが、『?????』しか頭に出てて来ませんでした。ほんとにです。改めてネットを見ると効果、効能が細かく書いてありましたが、私には合わなかったんだなと言う気持ちで数日試しCBDオイルとさよ~ならしました。

そして、数か月後、不思議な事に、私がCBD事業を行うことになったのですが(詳細は後日記入します)CBD事業を行うにあたりCBDの事を勉強しました。勉強すればするほど素晴らしさが分かったのですが、以前、私が購入したのは何だったんだ?と疑問が出て、ボトルは取っておいたので成分表を見た所、びっくり!私が購入したのはCBDオイルではなかったのです。ボトルにはCBDオイルと書いてありましたが。全くの違う商品だったのです。(他社さんの問題もあるので何かは書きませんが)そりゃ~効かないはずだ!とその時びっくりしたのを覚えています。良く販売してるな、そしてお客様に対し失礼だな!CBDオイルにも。とも思いました。

他社さんとの繋がりも多少あり、「ラベルだけ変えて販売している業者」「証明書がない販売業者」もあると噂では聞きました。実際、営業で電話も時々あり「弊社のCBDを扱いませんか?」と連絡があり「どこの国で!成分分析表!輸入許可書はありますか!」などいくつか質問すると、電話を切られたこともありました。

最近になりamazonからCBD販売の許可が出たので販売を始めたのですが、審査がかなり厳しく(あたり前ですが)面談から始まり多数の書類の提出をし販売することが出来ました。(amazonさんとの件も後日書きたいと思います)輸入証明書やTHCフリーの分析表など『多数の証明書』がないと販売できないので、その点RECALMはきちんとした証明書もありamazonさんでも販売できているので安心できる名刺代わりにもなっていると思います。

そういう点も含めると他社さんのCBDを使用し、もしきちんとした製品でないと後でトラブルになるので全てお断りをしています。『もちろん、日本には素晴らしい製品のCBD事業者様も多数おられます』

最近はCBDオイルやCBD製品も多数の会社様から出て確立化されてますので、CBDと言う一つのくくりではなく、そろそろ『ブランド名』で呼ばれるように頑張りたいなとも思っております。自動車なら、トヨタさんやホンダさんのように!

話は戻りますが、CBDオイルの偽物が最初の出会いで、まさかそこから数か月後に自分でCBDオイル事業を行うとは不思議な縁だなぁと改めて思いました。

(次回はCBDオイルRECALMとの出会いを書きたいと思います

ご質問・ご要望など公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

recalm official line