テルペン

こんにちは、RECALMです!

今日はCBDとは切っても切り離せないテルペンについて解説していこうと思います。
たくさんあるテルペンの中でも主要な8つの成分を取り上げ、「特徴」そして「期待される効果」についてまとめましたので、ぜひご覧ください!

↓取り上げるテルペン↓

  • リモネン
  • ミルセン
  • ピネン
  • β-カリオフィレン
  • リナノール
  • ユーカリプトール
  • G-テルピネン
  • ネロリドール

ハーブ

リモネン

リモネンには、「抗不安、胃酸の逆流軽減」が期待される効果として挙げられます。

柑橘類の香りの主な原因となるのが、このリモネンで、オレンジレモンの香りが強く、香料や香料に広く使用されています。

胸やけや胃酸の逆流を軽減することが報告されているため、代替医療としても使用されています。

リモネンはまた、抗癌性、抗酸化性、および抗不安特性を有すると考えられています。

また、THCが多少持っている不安誘発効果に対抗するのに役立つ可能性があるとも報告されています。
しかし、リモネンとTHCとエンドカンナビノイド・システム間の潜在的な相互作用については、これまでのところまだ研究途上ではあります。

ミルセン

ミルセンには、「鎮痛効果」が期待される効果として挙げられます。

ヘンプに含まれる最も豊富なテルペンであり、いくつかの系統のエッセンシャルオイルの60%以上を占めていることでも知られる成分です。

ヘンプのほかにも、ベイリーフ、ワイルドタイム、ホップ、イランイラン、レモングラスサンドバーベナにも含まれています。
樹脂、草本、金属、および辛味のあるような香りがします。

ラットの実験室試験では、ミルセンが抗炎症作用と鎮痛作用を発揮できることが示されているほか、ミルセンとリモネンは、テルペノイドシトラールとともに、マウスに鎮静作用と運動弛緩作用を及ぼすという報告も。
また、THCと相互作用して鎮痛効果(“couch-lock” effect)を発揮すると言われています。

ピネン

ピネンは「気管支炎拡張役、抗炎症/抗菌作用」が期待される効果として挙げられます。

ピネンは2つが異性体であるため自然に発生しますが、どちらもヘンプの多くの株で発生します。

異性体は、α-ピネンとβ-ピネンとして知られています。
世界で最も一般的に見られるテルペンとも言われています。

これらは通常、ターペンチンブタからも供給されますが、他にも松や他の針葉樹、サルビア(サルビア)、アルテミシア(セイヨウアブラナ)、ユーカリがあります。
β-ピネンはホップやクミンにも含まれていることでも知られています。

少量の場合、α-ピネンはヒトの気管支拡張薬として作用し、抗炎症作用、抗菌作用、抗異化作用(筋肉の消耗を防ぐ)を示すという研究結果があるほか、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤としても作用することも実証されています。

β-カリオフィレン

β-カリオフィレンは、「エンドカンナビノイドCB2受容体と相互作用する」ことが大きな特徴として挙げられますね!

β-カリオフィレンは、土のようなスパイシーな香りのセスキテルペンで、タイのバジル、クローブ、カーネーション、ブラックペッパーなど、多くの植物に含まれています。

β-カリオフィレンは、防腐、抗真菌、抗炎症、抗菌、鎮痛、さらには抗腫瘍特性まであることで知られています。
さらに、エンドカンナビノイド・システムのCB2受容体と相互作用することが示されていて、薬理学的効果の多くを生み出す可能性がある注目の成分です!

RECALM CBD Oilには、β-カリオフィレンが0.5%添加されており、相乗効果が発揮される処方を施しています。

テルペン

リナノール

リナノールは、「抗不安、鎮痛効果」が期待される効果として挙げられます。

リナロールは化学式C10H18Oのモノテルペノイドで、ミント、月桂樹、シナモン、シラカバ、および柑橘類を含む数百の植物の種に含まれています。

リナロールにも2つの異性体があります。

1つがコリアンダー、パルマロサグラス、スイートオレンジ、ハサウィート、フローラルの香りに含まれるSリナロール。
2つ目がラベンダー、バジル、ベイローレルに含まれる木質の渋い香りがするRリナロールです。

リナロールは強力な抗不安薬(不安軽減)特性を持っていると言われています。

ラベンダーは何千年もの間鎮静および鎮痛剤として使用されており、研究はこの使用に強力な根拠があることも示唆しています。
リナロールは抗精神病薬と抗けいれん薬の特性も持っているかもしれない、これも期待の成分です。

ユーカリプトール

ユーカリプトールは、「防腐/抗菌」が期待される効果として挙げられます。

このモノテルペノイドは自然界に豊富にあり、
ユーカリ、ティーツリー、ベイリーブ、バジル、セージ、ヘンプに含まれています。
防腐性、抗菌性、抗炎症作用があることで知られています。

G-テルピネン

G-テルピネンは、「抗酸化/抗炎症」が期待される効果として挙げられます。

このモノテルペンは、オレガノやマジョラムなどのさまざまな柑橘系の果物やハーブにも含まれています。
G-テルピネンは抗酸化、抗炎症、抗増殖作用があることが知られています。

ネロリドール

ネロリドールは、「皮膚を通じて送達する薬(皮膚パッチ)」として有効活用できないか期待されています。

このセスキテルペノイドは、ネロリ、ジンジャー、ジャスミンに含まれ、フレッシュで木の香りです。
現在、経皮送達薬物の促進剤(皮膚パッチ)として、および阻害剤として有効活用できないか調査されています。

テルペンのご紹介は以上です!

LINE公式アカウントでは、CBDはもちろん、CBDに関わるテルペンの話でも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください!
また、RECALM製品ご購入で使えるクーポンの配布も行なっていますので、友だちお待ちしております。
▶︎LINE公式アカウントはこちら

最後までご覧いただきありがとうございました。

RECALM CONTACT

ご質問やご購入について、その他各種お問い合わせ

お問い合わせフォームへ

  もしくは、LINEからのお問い合わせも受け付けております。

友だち追加