CBDオイル

CBDは、カンナビジオールの略称で、ヘンプ(麻)に含まれる主要なカンナビノイド成分の1つです。
ECS(エンドカンナビノイドシステム)を活性化し、身体の恒常性を保つ作用があり、様々な病状に効果があることや予防として健康美の維持に役立つことが海外の研究でも明らかになっています。

様々な薬理効果、効能を持つ天然化合物として世界的に注目され、その安全性と有効性は、世界保健機関(WHO)が認めたことでも話題に。

こうした今話題のCBD成分について、以下[Q&A形式]で解説していきます。

違法性はありませんか?

ヘンプ(麻)の成分と聞くと、「どうしても違法なんじゃないの?」と不安になる方もいるとは思いますが、結論麻の成熟した茎・種子から抽出されたCBDであれば合法です。

日本の法律(大麻取締法)には、
「大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」
と記載されています。
つまり、成熟した茎と種子から摂れるCBDは法律に抵触せず、合法であることが見てとれます。

日本の法律で禁止されているのは、麻の花穂・葉の部分。
その部分に多く含まれるのが向精神作用のあるTHCと呼ばれる成分で、日本では現在THCまたはTHCを含む製品は違法です。

THCとは?CBDとの違いは?

CBDとTHCは、ヘンプ(麻)に含まれる主要な2大カンナビノイド成分です。

そんな主要成分であるCBDとTHCの違いを重要なポイントだけまとめると、向精神作用があるかないかです。
THCは、精神作用があり、いわゆるハイになる状態になったりする日本では禁止されている成分です。

CBDはハイになりますか?

上述の通り、結論CBDには向精神作用がないため、ハイになったりしません!
むしろその逆とも言える、「気持ちが落ち着いていく・リラックスしていく」といった作用が働きます。

依存性や危険性はありますか?

CBDには、乱用、依存、耐性、陶酔の報告はありません。
まず依存症については、現在日本でも違法であるTHCを含むマリファナ(大麻、麻)で比較してみても、カフェイン以下であると報告されています。
※詳しくはInstagramの投稿で解説済み

さらにCBDは世界アンチドーピング協会(WADA)の禁止薬物リストから除外されていて、すでに多くのアスリートが、多大なプレッシャー下でもリラックスして不安軽減や睡眠促進、あるいは鎮痛などを目的にCBD製品を愛用しています。

また、CBDの危険性については、世界保健機構(WHO)が
「一般大衆への健康リスク、及び乱用の危険性はなし」
と2017年11月に公式発表をしており、安全性が認められていることがわかります。

CBDの作用はなんですか?

CBDが持つ作用は、ECSを活性化し、身体の恒常性を保つことです。

ECSとは、エンドカンナビノイド・システムを指し、体内に地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能(以下、ECS)のことを意味します。
このECSが、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。

ECSは、外部からの強いストレスを受けたり、生活環境の悪化や加齢に伴う老化によって、その働きが弱り、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」になり、様々疾患になることが明らかになってきました。

この「カンナビノイド欠乏症」を防ぐために、CBDを取り入れることで、ECSを活性化し、身体の恒常性を保ちことで、疾患に効いたり、予防としても健康美を維持することに効果を発揮すると報告されています。

以上、
最後までご覧いただきありがとうございました!

CBDに関するQ&A形式での解説でしたが、ご覧いただきいかがでしたか?
CBDに関する理解を深めると、その安全性や有効性が実証されていることもおわかりいただけたと思います。

また、RECALMが提供するCBD Oilも同様に『合法性と安全性と有効性』の3つを実証した製品ですので、ぜひお手にとってお試しいただけると嬉しいです!

▶︎公式LINEアカウントはこちら
▶︎ご購入はこちら

RECALM CONTACT

ご質問やご購入について、その他各種お問い合わせ

お問い合わせフォームへ

  もしくは、LINEからのお問い合わせも受け付けております。

友だち追加